矯正治療について
- About Orthodontics -
上顎前突で抜歯なしで矯正する方法
Category:
2020.09.28

上顎前突で抜歯なしで矯正する方法

上顎前突で抜歯なしで矯正する方法

上顎前突の人が矯正をする場合、基本的に抜歯が必要です。それは、上顎前突特有の理由があるからです。しかし、抜歯なしで矯正する方法もあります。抜歯なしで上顎前突(出っ歯)を矯正する場合、アンカースクリュー、IPRなどを行うことで可能となることがあります。

上顎前突とは

上顎前突とは、いわゆる“出っ歯”の状態です。出っ歯を引っ込めたいという希望で矯正治療される方が多いです。このような場合、上の歯を後ろに引っ張るために抜歯を必要とすることが多いです。

上顎前突になる理由

上顎前突(出っ歯)になる理由は、生まれつきによる先天的な要因と、日々の習慣などの後天的な要因の2つが考えられます。

家系的に上顎の大きい方は上顎前突になりやすいです。下顎に比べて、上顎が大きければ、その分前に出ていきますので、結果、上顎前突になります。また、指しゃぶりなどの習癖も上顎前突を引き起こします。歯に力を加え続けると、歯は動きます。指しゃぶり等の上の歯に一定の力を加える行為を習慣的に行っていると上顎前突になってしまいます。

なぜ抜歯しなければならないのか?

犬歯を抜歯する

上顎前突の方が矯正治療をする場合、歯を抜かなければならないことが多いです。前に出ている歯を後ろに引っ張るためのスペースがないからです。出ている前歯を引っ張ろうとしても、歯が邪魔で後ろに移動することができません。

この問題を解決するために、犬歯(前歯の後ろの歯)を抜歯して、前歯が後ろに移動できる隙間を作ることで、出っ歯を引っ込めることができます。

抜歯なしで上顎前突(出っ歯)を治す方法とは?

すべての方が、次の方法で抜歯をせずに出っ歯を治すことができるとは限りませんが、健康な歯を抜くことに抵抗があるという方は以下の方法は選択肢の1つです。

アンカースクリューを使う

アンカースクリューで後ろに引っ張る

アンカースクリューと呼ばれる小さなインプラントを歯ぐきに埋め込みます。このインプラントが力点になり、アンカースクリューを使っていない状態に比べて、後ろに引っ張る力が強くなります。アンカースクリューを使うことで、奥歯全体を後ろに引っ張ることでスペースがない課題を解決できることがあり抜歯なしで矯正治療が行える可能性がでてきます。

IPR

歯の表面(隙間)を削ります

歯の表面を削ります。歯は上下14本づつありますので、例えば、1㎜を14本削ると14㎜のスペースを作ることができます。このように、歯を削ることでできるスペースを利用して、出っ歯を引っ込めます。IPRは、削りすぎるとその歯の寿命に悪影響を及ぼしますので、注意が必要です。

横に広げる

上顎を横に広げます

上顎を横に広げることで、出っ歯を引っ込める方法もあります。横に広げると、後ろに動くスペースができるため抜歯なしで矯正することができます。

関連記事

すきっ歯・空隙歯列なら部分矯正で矯正できる?
2020.09.04

すきっ歯・空隙歯列なら部分矯正で矯正できる?

開咬
2020.09.28

開咬

オープンバイトを放置すると…どうなるのか?
2020.10.17

オープンバイトを放置すると…どうなるのか?