矯正治療について
- About Orthodontics -
叢生
Category:
2020.09.28

叢生

でこぼこ・叢生

叢生とは、歯並びがデコボコの状態のことをさす学術用語です。八重歯も叢生の一種となります。重度の叢生の場合、矯正治療に抜歯が必要なことが多いです。

叢生になる理由

叢生

歯の大きさに比べて、顎の大きさが小さいと叢生になってしまいます。3人掛けの椅子に4人が座ろうとするとはみ出てしまうのと同じです。食生活が変化し、顎が小さい方が増えています。これに伴い、叢生の方も増えています。

どうして抜歯しなければならないのか?

叢生には、軽度~重度と程度がありますが、重度の場合、矯正治療に抜歯が必要となります。健康な歯を抜くことに抵抗がある方が多いですが、抜歯をせずに矯正治療を行うとどうなるのでしょうか。

抜歯をせずに歯をきれいに並べることは難しくありません。しかし、抜歯をせずに歯を並べると、歯が前に出て、出っ歯のようになってしまうことがあります。元々、出っ歯でなくても、無理に非抜歯で矯正治療をすると出っ歯になってしまいます。

出っ歯は見た目にもよくないですが、かみ合わせという健康面においてもよくありません。

抜歯せずに歯並びをきれいにできる方法は?

重度の叢生の方は、抜歯が必要であることをお伝えしましたが、中度の叢生の方であれば、抜歯を回避した矯正治療を行えることもあります。

IPR

画像準備中

歯の表面を削ります。歯は上下14本づつありますので、例えば、1㎜を14本削ると14㎜のスペースを作ることができます。このように、歯を削ることでできるスペースを利用して、歯を動かします。IPRは、削りすぎるとその歯の寿命に悪影響を及ぼしますので、注意が必要です。

横に広げる

拡大床

顎を横に広げることで、顎を大きくする方法もあります。顎を大きくした後に、歯を動かしていきます。

関連記事

すきっ歯・空隙歯列
2020.09.04

すきっ歯・空隙歯列

すきっ歯を治す方法
2020.11.03

すきっ歯を治す方法

上顎前突
2020.09.28

上顎前突