矯正治療について
- About Orthodontics -
唇側矯正
Category:
2020.09.28

唇側矯正

唇側矯正

唇側矯正(しんそくきょうせい)は、最もポピュラーの矯正治療です。歯から見て、頬っぺた側に装置をつけるので“唇側”と呼びます。学術的に唇側矯正と呼ばれていますが、一般的には、表側矯正と呼ばれることが多いです。

唇側矯正とは

唇側矯正の装置

唇側矯正とは唇側矯正は、ラビアル矯正や表側矯正と呼ばれることもあります。矯正装置を歯の表側につける従来型の方法です。治療法として、最も歴史が長く、最も確立されている方法です。

唇側矯正の装置

歯の表面にブラケットと呼ばれる装置をつけ、ワイヤーを間に通します。ワイヤーから力を歯に加えていき、歯を動かします。

唇側矯正の装置いろいろ

唇側矯正は、更に以下のように分類することができます。

ブラケットの種類

装置の色 結紮の方法
メタル・ブラケット
メタル・ブラケット
銀色
画像準備中
金属の結紮線orモジュール結紮
クリア・ブラケット
クリア・ブラケット
透明
画像準備中
金属の結紮線orモジュール結紮
セルフライゲーション・ブラケット
画像準備中
一部銀色
画像準備中
シャッター開閉による結紮
装置の色
メタル・ブラケット
メタル・ブラケット
銀色
結紮の方法
画像準備中
金属の結紮線orモジュール結紮
装置の色
クリア・ブラケット
クリア・ブラケット
透明
結紮の方法
画像準備中
金属の結紮線orモジュール結紮
装置の色
セルフライゲーション・ブラケット
画像準備中
一部銀色
結紮の方法
画像準備中
シャッター開閉による結紮

ワイヤーの種類

アーチフォームの形
エッジワイズ
画像準備中
ストレート
画像準備中
アーチフォームの形
エッジワイズ
画像準備中
ストレート
画像準備中

他の方法との違い

唇側矯正とその他の方法との違いが以下になります。

唇側矯正 舌側矯正 マウスピース型装置の矯正
装置 ブラケット ブラケット マウスピースをつける
装着場所
歯の表側に装置をつける
歯の表側につける
歯の裏側に装置をつける
歯の裏側につける
マウスピース型装置の装着
 
治療期間
唇側矯正に比べて長くかかることもある
費用 ×
最も安価にできる 最も高い 唇側矯正より高い
治療中のストレス × ×
しっかりと管理が必要 しっかりと管理が必要 取り外し可能なので、食事や歯磨きしやすい
唇側矯正
装置 ブラケット
装着場所
歯の表側につける
治療期間
費用
最も安価にできる
治療中の
ストレス
×
しっかりと管理が必要
舌側矯正
装置 ブラケット
装着場所
歯の裏側につける
治療期間
唇側矯正に比べて長くかかることもある
費用 ×
最も高い
治療中の
ストレス
×
しっかりと管理が必要
マウスピース型装置の矯正
装置 マウスピースをつける
装着場所
治療期間
費用
唇側矯正より高い
治療中の
ストレス
取り外し可能なので、食事や歯磨きしやすい

唇側矯正の治療期間

唇側矯正の治療は、約2~2.5年です。治療期間は、その人の歯並びの状態によって異なります。すきっぱ等、軽度の不正咬合であれば半年で治療が終了することもあります。他方、高齢の方や、歯周病が進行している方などで3年以上かかる方もいます。これは、歯が動くスピードは、細胞が活性化されている方がよいためです。

舌側矯正は、唇側矯正よりも治療期間が長くなる傾向にあります。その理由は、術者の技量と矯正のメカニズムによります。舌側矯正の方が、力のかかり具合が複雑で治療をマネジメントするのが難しいからです。

画像準備中
画像準備中

唇側矯正の費用

唇側矯正の費用は、約70万円前後です。不正咬合の状態、治療の難易度、治療期間によって異なります。舌側矯正が、110~130万円くらい。マウスピース型装置の矯正が、85~110万円くらいなので、唇側矯正が最も安価な矯正治療となります。

関連記事

マウスピース矯正
2020.09.28

マウスピース矯正

成人矯正の方法
2020.09.28

成人矯正の方法

セラミック矯正
2020.09.28

セラミック矯正