矯正治療について
- About Orthodontics -
成人矯正の方法
Category:
2020.09.28

成人矯正の方法

成人矯正の方法

成人矯正には、さまざまな方法があります。費用を抑えた方であれば唇側矯正、見た目を気にする方であれば舌側矯正があります。

小児矯正は、方法や装置は歯科医師の判断に委ねられるため、選択することはできません。一方、成人矯正は、患者さんの希望によって、方法や装置を選択することができます。

唇側矯正

唇側矯正の装置

唇側矯正(しんそくきょうせい)とは、歯の表側に装置をつける方法です。歯から見て、頬側に装置をつけるので唇側矯正と呼びます。学術的には唇側矯正と呼びますが、一般的には表側矯正と呼ばれています。唇側矯正は、最も歴史が長く、治療法として確立されている方法です。

舌側矯正

舌側矯正の装置

舌側矯正(ぜっそくきょうせい)とは、歯の裏側に装置をつける方法です。舌の方に装置をつけるので舌側矯正と呼びます。舌側矯正という呼び方は学術用語で、一般名称としては裏側矯正と言われています。また、見えない矯正と呼ばれることもあります。

矯正装置を付けると目立つので嫌だ。という人が、この舌側矯正による矯正治療を選択します。

マウスピース型装置の矯正

マウスピース型装置

透明なマウスピースを使った矯正方法があります。形の違う数十個のマウスピースを交換しながら、歯並びをきれいに並べていきます。学術的に、マウスピースのことをアライナーと呼ぶため、アライナー矯正と呼ばれることもあります。

成人矯正の方法一覧

正式名称 唇側矯正 舌側矯正 マウスピース型装置の矯正
学術名称 唇側矯正 舌側矯正 アライナー矯正
リンガル矯正
一般名称・通称 表側矯正 裏側矯正 マウスピース矯正
見えない矯正
装置 ブラケット ブラケット マウスピース
価格帯 75~85万円 110~130万円 85~110万円
特徴 費用が安い 装置が見えない 取り外し可能
見た目 ×
目立つ 全く見えない ほとんど見えない
治療期間
術者によって期間が長くなることがある
正式名称 唇側矯正
学術名称 唇側矯正
一般名称・通称 表側矯正
装置 ブラケット
価格帯 75~85万円
特徴 費用が安い
見た目 ×
目立つ
治療期間
正式名称 舌側矯正
学術名称 舌側矯正
リンガル矯正
一般名称・通称 裏側矯正
見えない矯正
装置 ブラケット
価格帯 110~130万円
特徴 装置が見えない
見た目
全く見えない
治療期間
術者によって期間が長くなることがある
正式名称 マウスピース型装置の矯正
学術名称 アライナー矯正
一般名称・通称 マウスピース矯正
装置 マウスピース
価格帯 85~110万円
特徴 取り外し可能
見た目
ほとんど見えない
治療期間

間違えやすい治療法の表記について

インターネット上には、さまざまな矯正治療法が紹介されています。しかし、矯正治療の方法は、基本的に上記の3つになります。間違えがちな矯正治療法について説明いたします。

インプラント矯正

インプラント矯正

インプラント矯正と呼ばれる方法は、矯正用の小さいインプラント(正式にはアンカースクリューと呼ぶ)を補助装置として使用する方法です。

ブラケット装置を使う唇側矯正舌側矯正、そして、マウスピース型装置の矯正の補助としてアンカースクリューを使用します。

外科矯正

外科手術

外科矯正とは、外科手術を伴う矯正治療です。顎の骨を切除する前後に矯正治療を行って、歯並び&顎の位置関係を矯正します。

唇側矯正→外科手術→唇側矯正は健康保険が適応となります。一方、舌側矯正、マウスピース型装置の矯正と外科手術を組み合わせた治療は健康保険が適応されません。

コルチコトミー矯正

治療器具

コルチコトミー矯正とは、外科手術を伴う矯正治療です。治療期間が短くするために、歯茎の下にある骨に切りこみを入れることで、組織を活性化し、歯をより早く動かします。

コルチコトミー矯正と組み合わせる矯正治療法は、唇側矯正舌側矯正マウスピース型装置の矯正とすべての方法で可能です。

部分矯正

女性の口元

部分矯正とは、治療の範囲が前歯に限定された方法です。部分矯正は、唇側矯正舌側矯正マウスピース型装置の矯正とすべての方法で可能です。

非抜歯矯正

笑顔の女性

非抜歯矯正は、治療法ではなく、治療方針です。唇側矯正舌側矯正マウスピース型装置の矯正とすべての方法で可能です。

関連記事

成人矯正
2020.09.28

成人矯正

マウスピース矯正
2020.09.28

マウスピース矯正

唇側矯正
2020.09.28

唇側矯正